blog_348

中学生師匠は
スリップノットの
バスドラの速さに
疑問を持ちました。


そして


どうしたらあの速さで
べダルを踏めるのか!?


を子供ながらに
追求し練習を始めたそうです。


でもどんなに練習しても
それは出来ませんでした。



そりゃそうです。

シングルペダル

なんだものww

シングルで一生懸命
練習しているのが
弟子は可愛いなぁ~と思いましたw



この世に
ツーバスツインペダル
というものが存在し

それによって
あのスリップノットの
バスドラの音が
出せることを知ったのは


師匠、高校生
の時だったそうです。


そして
初めてツインペダルを
踏んだのは



師匠、高校2年生

だったそうです。



なんとも可愛らしく
ほほえましいお話でしたw



ちゃんちゃん♪



------------------------------



師匠から応援してくれるみんなへ



メリークリスマス!
師匠です!

12月に入ると寒さもひとしおですが
街へ出ると辺りはイルミネーションに彩られて
何だかワクワクしますね。

私は昔からクリスマスには
特別なパワーがある
ように思っていて
この季節の街並みが大好きです。


体も財布も寒いけど心だけは
温かいのでどうにか生きながらえています。


何でクリスマスのこの感じが好きなのか。


過去を振り返れば
私は一人っ子なもので小学生くらいまでは
クリスマスプレゼント
をもらっていた
からなんでしょうね。


サンタさんに願いをかけて
朝起きたら枕元にプレゼントが
置かれている時の
喜びは今でも忘れていません。

それまでの間ずっと楽しみに
待っていたわけですから
プレゼントを
受け取った瞬間の
喜びは相当なものです。


もし私が犬だったら図らずも
うれションしちゃうところでしたよ。

きっと皆さんの中にも
同じ体験をしてる人がいると思いますし
もしかしたら今では
サンタさんの方もいらっしゃるのかな?
あと本当にうれションしちゃった
人もいると思います。

兎にも角にも
こんな過去があったからこそ
今でもクリスマスムードは
当時の思い出を蘇らせてくれます。


そしてついつい
ワクワク
しちゃうわけです。


ワクワクしたと言えば
クリスマスが終わり
大晦日の夜10時ごろに家を出発し
除夜の鐘を聞きに行ったことがありました。

当時、小学生4年生くらいだったと思うのですが
深夜に出かけることなんて人生で初めて
でしたので今まで見たことない雰囲気と
その時間まで起きてても怒られない
大人になったような感覚に
ワクワクしていました。
 

しかし、大人になるとワクワクすることって
減ってきてしまっていると思います。



もちろん、子供のころに
知らなかった体験を
多くしてきたから
減るのは仕方ないのですが

ワクワクしないと人間って
生きていけない気がします。


言い換えればワクワクは
生活の張りなわけですけども
張りがなくなると人間って
一気に老け込むのだとも思います。

だからこそ
何かと忙しい今でも
ワクワクを探すことには
力を注いでいたいなと思っています。


きっと小さなことでも
ワクワクすることは
沢山あるんですけど
大人になるにつれて
見えなくなって
しまうことも

沢山ありますので
それを見逃さないように
生きていきたいものですね。

ということで、今回のお話はここまで。

特に内容のない自分語り
でしたがいかがでしたでしょうか?

今年の皆さんのクリスマスに
何か1つでもワクワクする
出来事が起こりますように


僕はこのブログの裏側
からこっそりサンタさんに願っております。


そして、皆さんがうれションする姿を
想像しております。笑


それでは皆さん
良いクリスマスを
お過ごしください!


-------------------------------------------------

ここのお話も
リンクしていますよ→クリック♪

-----------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます!
励みになります!!

ぽちっとね。

r-botan

4コマ漫画ランキングに登録しました!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

拍手もありがとうございます!