blog_415

興味がないから
覚えていない


レッスン当初
必ず宿題がありました。
弟子、必死に練習してました。

でも

師匠「宿題何でしたっけ?

って毎回言われててw
その時から弟子は
先生をやる気
   あるのかな?
って心の中で思ってた。

最近はちゃんと覚えてる。
弟子とのレッスンに
少し興味出ましたかね?

皮肉に聞こえそうww



面倒だから人と話さない

これ辻褄合わないなぁ~って
思う言葉の1つです。

人と話したくないなら
なんで人とファンと
関わらなくてはならない
バンドマンなんて
やってんだろうね。

前にステージやライブの
演出がやりたいから
曲を作るんだ!!

みたいなこと言ってて
ちょっと弟子???になったw

師匠は本当に言ったこと
綺麗さっぱり覚えてないの。

でもドラムのこと
だけは覚えてる。


それがなくなったら
多分師匠は終わったなって
弟子は考えてしまう。
そんな気がしてしまう。


師匠「こんなに自分に自信が
   ないなんて思わなかった

と弟子に言った。

常に師匠は自信にみち溢れてる
人だと思っていた。
出会った頃は
師匠は自信満々で
弟子は自分に自信はなかった。

自信がある師匠が
弟子はとてもうらやましかった。

でも数年が経ち現在

自分の作った曲にも
自信が持てなくなってる師匠
弟子はなぜ自信を持って
作品を出せるのか?と問われた。

自分に自信なんてまだないけど
みんなが私を応援してくれて
私を支えてくれてるから
みんなが私を信じてくれてるから

答えはわかっていたけど
師匠に言ってあげられなかった。

自分に自信があるってことは
周りの人たちから認められていたり
ほめられたりそんな力も作用してる。

人と関わらない師匠に
自信がないのは
当たり前のことだと
思ってしまった。

そしてその答えをいうのは
今の師匠に酷なのでは
とも思ってしまった。

-----------------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます!
励みになります!!

ぽちっとね。

r-botan

4コマ漫画ランキングに登録しました!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

拍手もありがとうございます!